株式会社キョードー

沿革

株式会社キョードー

 
昭和36年 中国加工紙の製函部門を分離独立し協同包装工業株式会社を創立。
東京都港区芝公園に東京事務所を開設。
昭和40年 香川県高松市に営業所を開設。
昭和44年 広島県賀茂郡八本松町の県営工業団地を購入。同団地に広島工場を建設。
昭和45年 本州製紙株式会社(現、王子製紙株式会社)と資本並びに技術提携。
昭和47年 社名を株式会社キョードーに変更。
広島工場を分離独立し、社名を株式会社広島キョードーとする。
昭和58年 岡山県勝田郡勝央町に営業所を開設。
昭和60年 生産管理自動化のためコンピューターを導入。
平成 8年 ベルトプレス式シングルフェーサ(A段)を導入。
平成 9年 コンピューターシステムの大幅改善。
同時に、全システムの2000年対応を完了。
平成11年 デザイン室を新設。
ISO-9002を認証取得。
平成12年 備前段ボール工業(株)と業務提携し、営業権譲渡を受ける。
平成14年 三菱フレキソフォルダグルア サミットX-II導入。
ISO-9001に移行認証取得。
平成15年 貼合生産管理装置を更新。
平成18年 製函管理装置導入・オンライン化・ペーパーレス化完了。
ISO-14001を認証取得。
平成19年 三菱NCスリッター57HIII導入。

株式会社 広島キョードー

昭和44年 協同包装工業株式会社(現 株式会社キョードー)広島工場として創業を開始。
昭和47年 株式会社広島キョードーとして資本金3,000万円で独立。
昭和59年 NCプリスロ、オートステッチャなど小口生産対応設備を増強。
昭和63年 フィンガレスシングルフェーサを導入。
平成 4年 三菱フレキソフォルダグルア SUMMIT.II-100(3 FGER-100)型機を導入。
平成 9年 西崎紙器株式会社を吸収合併し、営業権を譲受。
平成10年 フレキソフォルダグルアにパレタイジングロボット導入。
平成12年 事務所新築。
平成13年 ISOWAスーパーフレックス(PS-32)導入。
平成15年 スリスコHSS-4(ISOWA)導入。
平成16年 生産管理装置(ISOWA)導入。
平成17年 スーパーカッタ(NCカッタ)導入。
平成20年 三菱フレキソフォルダグルア エボル100導入。
page up